趣味

2009.06.28

寿司くいねえ

今、アメリカから3ヶ月くらい研修に来ている学生がいて、何か良いお土産は無いかなと思いつつハンズに行って探していました。見つけたのが「寿司フィギア」。もともとは、ガムのおまけで付いてくるのですが、ガムは一粒申し訳程度に付いていて、おまけがメインです。

このままセットして置いておくだけではつまらないと思い、裏にマグネットを付けて冷蔵庫などに付けて使えるようにしてみました。寿司フィギアと磁石が動かないように接着剤で付けるだけなので10分もかからないで完成しました。

種類は6種類あるのですが、おまけなので、自分の好きなものを選べないのが欠点です。今回付いてきたのは、平たい形のもので、冷蔵庫のマグネットに丁度良い形のものでした。

Image124 寿司桶、江戸前と鮪づくし

     

       

      

           

裏はこんな感じ・・・。Image127  

    

     

    

  

  

写真だとわかりにくいのですが、5cmくらいの大きさです。本当に細かく出来ています。

続きを読む "寿司くいねえ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.18

遊び

以前、買ったタンブラーで遊んでみました。6月になってタンブラーも衣替えです。PCで色々遊んでいるうちに、出来上がった洋服は何と5種類にもなってしまいました。

4-5月は、桜の季節。

Image157You have turned for me my mourning         into dancing;You have put off my          sackcloth and clothed me with gladness, 

                Psa.30:11

あなたは私のために、                         嘆きを踊りに変えてくださいました。                  あなたは私の荒布を解き、                        喜びを私に着せてくださいました。

                  詩篇 30:11

Image156

今は、"God is good"神さまは素晴らしい,     "Never Alone"決して一人じゃないよ,      "Growing in the Lord"主にあって成長する、   "Love one another"互いに愛し合いなさい、    "Fall seven times and rise again"七転び八起き     - これ聖書の中の言葉ですよ(箴言24:16)。

などなど、色んな短い言葉のプリント。

   

     

Image159 7-8月はひまわりの季節 だから、元気に"Rejoice in the Lord always!"いつも主に会って喜んでいなさい!,"Sing unto the Lord a new song!" 新しい歌を主に歌え!に着替えます。

暑さに弱い私には、これも暑さ対策。。でも、涼しい所で飲むカフェラテは、やはり最高!笑

   

まだ、ありますよ・・・。笑

続きを読む "遊び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.30

最近はまっているもの(2)

最近、はまっている物と言うより、はまっていた物・・・。今は、しばらくしていないので過去形です。手作りのペンダントトップ。オーブンで焼く粘土で作りました。最初に造ったものは、宇宙の惑星のような模様になりました。ひとつとして同じものは出来ません。その、毎回違う模様に魅せられて、幾つか作り続けました。とても気にいっています。今、手元に残っているものはこれらです。

051609_2_3          

             

           

               

         

            

               

           

           

         

          

            

                                        <大体実物と同じ大きさです>

これを造った時、神さまが天地を作られた時の聖書個言葉を思い出しました。“神は見て、それをよしとされた”とあるんですが、英語では“God saw that it was good”。自分で作ったものには、愛着がありますよね。 

先日、富士山西湖の近くのこうもりの洞窟に入るとき、係りの方が「本当に、誰が作ったんでしょうね~。」と言っていた。その言葉を、私がしっかり受け止めていたことを、その人は知らないでしょうけど・・・。

        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.15

ゴリラ、オンパレード

週末は天気も良かったし、忙しかった一週間も終わったので、久しぶりにお気に入りの場所に足を運んでみました。種の会社の庭です。新しい種類のお花なのか初めて聞く名前でした。

丁度、会社が終わった時間だったのでしょう。建物から何人か出てきました。写真を撮っていた私に、「撮れましたか?」と声をかけて来た人がいました。「名前が面白くて、つい撮ってしまいました。」と答えると、「随分、派手な名前を付けたな~、きっとこの人が付けたんだよ。」と言いながら、前を歩く人を指差した。指差された人は「違う、違う・・・」と手を横に振りながら帰って行きました。誰が何をイメージして名前を付けたのか、いろいろ想像してしまいました。

      ゴリラ・レッド          ゴリラ・モザイク

June13June139    

    ゴリラ・グリーン         ゴリラ・スカーレット         

June132June1_1 最近、科学と聖書について本を読んだり、ドイツの科学者ヴェルナー・ギット博士の講義を聴いたばかりだったので、種の中に入れられた情報がどのように組み合わせられたんだろうかと、私の頭ではいくら考えても良くわからない不思議を見て、楽しんでいました。

                   

続きを読む "ゴリラ、オンパレード"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.06

お気に入りのマグ・・オーストラリア

200410_008_2 昨日の朝食は、ゆったりと、
マフィンとミルクをいっぱい入
れたマカダミァナッツチョコレ
ート・フレィバーのコーヒー・・・。

お気に入りのマグは、オーストラリアに行った時、ブルーマウンテンの空の色のような青に魅せられて、とても気に入って、買ってしまった。 

何処までも続く茶色っぽい平原と、吸い込まれそうに青い空、遠くからでも見える一本の木・・。

200410_004_4

オーストラリアらしい、大好きなデザインのひとつ・・・。

                                 
オーストラリアでの思い出

オーストラリア、シドニーの友人の家にに滞在していたある日、
1日バスの券を買って、あちこち歩いてみる事にした。調べて
いるうちに、ユダヤ人の博物館があることに気がついて、そこ
へ立ち寄ることにした。

ユダヤ人たちが、オーストラリアに移民として来た歴史と、ホロ
コーストの追悼記念館であった。中に入って見ると、日本人らし
き人はいなかった。一回りした後で、アウシュビッツの記録フィ
ルムを上映しているとの事だったので、地下の会場に入った。

時々、テレビでもドキュメンタリーとして、上映されるが、目を覆
いたくなるような映像、そしてそれらを生き抜いてきた人々の話、
さらに、現在のイスラエル。最後に、ホロコーストの中、彼らを助
ける事に尽力した人たちを紹介していた。

その中に、日本人の元リトアニア大使であった、杉原千畝(ちう
ね)氏
(英語資料)の名前と映像がありました。そして、フィルム
は、「ユダヤ人たちは、これらの命の恩人を決して忘れないだろ
う」と結んでいました。

あまり知られていないかも知れませんが、彼はハルピンに留学
中にクリスチャン(日本語資料)になり、妻の幸子さんも結婚後
洗礼を受けました。彼が何故日本政府の命令に背いてまで、
ビザを発行したのかは、殆んど人道面からのみ言われている。
しかし、後の幸子夫人の談話の中と、英文の最後の部分で、
二つの理由が書かれている。一つは人道的な理由、二つ目は
「彼は、神に従うことを選んだのです。」と語っていた。

一方で自分の野望を成し遂げるために、キリストの名を利用した
ヒトラーや、それに巻き込まれていった多くの人たちがいた。

自分の信仰を吟味させられる時でした。フィルムの会場から出
て来るとき、私を見る周りの人たちの視線が、優しく感じられ、
日本人として嬉しく、杉原千畝さんを誇りに思いました。

J0399596_1No one has seen

God at any time.

If we love one another,

God abides in us,

and His love has been

perfected in us.

1John4:12

| | トラックバック (0)

2006.04.06

思い出のマグカップとゴブレット

以前、オーストラリヤで買ったマグカップを紹介したことがあります。いつもではないけど、旅行などで行った場所で気に入ったマグを見つけると買うことが良くある。人からも頂くこともあって、増える一方なので最近は自粛している・・・。

200614_003

10年ほど前に姉と姉の長女と3人で北海道に旅行した時、流氷の感じを出している色合いが気に入って買った物。

この時は、姉のご主人も行く予定だったが、直前に髪を染めたら、液が肌に会わなかったようでかぶれて、彼だけキャンセルしたっけ・・・。
(><;)

 

 

200614_002 このゴブレットは、パプアニューギニアで、ある部族の言葉に聖書を翻訳していた方のところへ、友人と二人で訪問した時、焼物の工房で求めた物。

まるで「ウルルン滞在記」のような経験でした。でも、朝太陽と共に起きて、暗くなる前に夕飯済まして、後は寝るだけ・・。ホントは人はそんな風に作られているんじゃないかと考えました。ワラビー(カンガルーの小さい種)も食べました。

 

 

200614_001 問題のマグはこれです。聖書に出ている場所を訪れたくて、トルコに行った時、イスタンブールのバザールで買った物です。

まず、これを買う前にバザールの表通りの店をいくつか見ていました。いろんなマグがあったのですが、いまいち決めかねていると、店員の一人が、「別の場所にたくさんストックしてあるので、そちらに行きましょう」と、勧められました。

こういう誘いには乗らないようにと、あらかじめ読んだ本に書いてあったのに、その時は2人だったので大丈夫かなと思って行こうとしました。

すると、もう一人の人は、別のものが見たいからと言って、何処かへ行ってしまったのです。「そんな~、マズイッ!」と思ったが、すでに店の近くまで来ていて断れず、ズルズルと店の中に・・・。

高いお皿ばかり勧めて来る・・。いろんな理由をつけて断り、気に入るものがないと言って、このマグだけを買って急いで店を出た。冷や汗をかいていた・・(。。;)

日本に帰って来てから、コーヒーを飲もうと思って注いだら、何と、しみてマグが漏るではありませんか!「モ~!」と言っても、後のまつり・・・。@@;

確かに安物だし、まあ、無事に帰ってきた事で良しとしましょうと、今はペンたてになっています・・。失敗も楽しい思い出・・。^^

|

2006.03.31

You Raise Me Up

トリノの冬季オリンピックで金メダルを取った荒川静香さん・・・、皆さんの記憶に新しいことと思います。その彼女がフリーで使った曲、トゥーランドッドがいろんな所で取り上げられました。

そして、今、エキシビションで使った曲、“You Raised Me Up ” もすごく売れているとの事です。金メダルの力ってすごいですね。

あの時、You raise me up ~のフレーズを聞いた時、「あっ、聴いたことある歌!」と思いました。 Christian Song だ! You は実は神さまのことを歌っているんです。いろんな意見があるようですが、聖書を読んでいる人は、その言葉が聖書からきていることがわかります。クリスチャンが出しているCDにも、他のワーシップソングと共に、この歌も入っています。

でも、荒川さんが、本当に辛くて  スケートをやめようかと思った時、回りのいろんな方達に助けられて、再び立ち上がって、オリンピックで自分が思った以上の成績、金メダルを取れたことと、この歌が重なって見えた。
彼女自身もその意味をわかって、滑っていたように見えました。

その歌詞は・・・ 

 

You Raise Me Up 

 When I am down and, oh my soul, so weary;

 When troubles come and my heart burdened be;

 Then, I am still and wait here in the silence,

 Until you come and sit awhile with me.

 *  You raise me up, so I can stand on mountains;

   You raise me up, to walk on stormy seas;

   I am strong, when I am on your shoulders;

   You raise me up. To more than I can be.

     * Refrain

 私が落ち込んでいる時、私の魂は疲れ果て、

 困難に出会う時、心は重荷を負っているよう・・。

 その時、私は静まって、あなたが来られ、

 私と共に座してくださるのを待つ・・。

 *あなたは私を引き上げ、山の上に立たせてくださる。

   あなたは私を引き上げ、嵐の海も歩かせてくださる。

   あなたと共にいるなら、私は強く

   私の力以上に、引き上げてくださる。

        *   繰り返し


Phabi011

|