歴史

2008.04.01

命のビザ・・杉原千畝

「私たちは、彼らが私たちの為にしてくれたことを決して忘れることはないだろう。」

以前、オーストラリアに旅行した時、シドニーにあるユダヤ博物館に訪れ、ホロコーストの記録フィルムを見ました。そのフィルムの最後に、シンドラーらと共に杉原千畝さんの顔が大きく写されこの言葉が語られました。同じ日本人として嬉しい気持ちで、博物館を出てきたことを覚えています。

ここ何年かの間に、「命のビザ」と題して杉原氏がリトアニアのユダヤ人を救った出来事が報道されてきました。最近も麻生外務大臣がここを訪問してきて、杉原氏の行為を日本人として誇りに思うと、テレビのインタヴューで話していました。

前から興味があって、彼について調べていたので、それらのいくつかを分かち合いたいと思います。

2006510_001

 

 

 

 

 

 

 

         

続きを読む "命のビザ・・杉原千畝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

ハワイの日系人

今日(書いているうちに昨日)、これを見ようと思ったわけではないが、たまたまテレビでハワイの日系人の歴史について語っているのを見た。それを見ながら、もう、20年近くも前に、ハワイに行った時の事を思い出していた。

私の友人はハワイの日系3世・・。今はオーストラリアにいるが、彼女は結婚してすぐに日本に宣教師としてきた。彼らの三人の子供は日本で産まれた。回転寿司へ行くと、いつも、長男は卵焼き、次男は何も入っていない、ご飯だけの海苔巻き(自分で頼んで作ってもらっていた)、一番下の女の子は納豆巻きを注文していたっけ・・・。

彼らがハワイへ帰国している時に、誘われて一度だけハワイに行った。それまでハワイにはあまり興味はなく、芸能人たちが遊びに行く所と思っていた。

 
ご主人が「妻の本当の姿を見てもらいたくて・・・。」と言っていたが、最初はその意味が良くわからなかった。しばらくして、彼女がほんとに生き生きと良くしゃべることに気づいた。

日本にいた時は、言葉の問題もあったのだろうけど、どちらかと言うと静かで、聞き手になっていた。本当はもっと自分の思いを話したい時もあった事でしょう。

その時、彼女のお父さんと話をする機会があったので、ハワイでの日系人の歴史について聞いたことがあった。彼の親達は別の島でサトウキビ農園の移民でした。二世である彼はホノルルに住む退役軍人であった。

20060915_002  

 

 

 

 

 
 

事は、1941年、日本が真珠湾を攻撃したことから始まった。アメリカ在住の日系人は強制収容所に入れられることになった。幸い、ハワイは本土と離れていた為、リーダー的な存在の人々以外は収容所に入れられる事はなかったようだ。

しかし、敵国の移民として差別を受け、軍隊に入っても信用してはもらえなかったと言う。彼らの多くは、アメリカ人として忠誠を示す為、又、自分達の誇りのために、志願して激戦地ヨーロッパに出て行ってドイツ軍と戦った。米軍の中でも最も多くの死者や負傷者を出したとのことです。

彼らの犠牲の上に、今のハワイの日系人の地位がある。私が行った時、ハワイ州の知事は日系人でした。そのほか、文化・教育においても多くの日系人が貢献していた。

決して戦争を美化するつもりはない。戦争がなければ、この時、多くの命が死ななくても良かったし、ここまで頑張れる日本人の2世達は、戦争でなく仕事で頑張っても、今のような地位を得たことであろう。

TVの中で、部隊に加わり、戦地に行った経験を持つ老人が「戦争で殺されていった友人達のことを思うと今も胸が痛む・・。戦争はすべてのものを滅ぼします・・。」と番組み当てに来た手紙が最後に読まれた。

ハワイに滞在していたある日、一人でバスツアーに参加した。島を一週して、最後のストップは、パールハーバーでした。そこには日本からのツアーグループと、韓国からのグループ、もちろん多くのアメリカ人達もいました。

外にいた日本人のガイドは「日本は謝ってばかりいる・・・。」と言っているのが聞こえてきました。

資料館の中に入ると、韓国のグループが「イ サラムン(この人が)ヤマモト・・・」と言って日本がどのように攻撃したかを地図を指差しながら説明していた。

気のせいかもしれないけれど、アメリカ人の視線も感じながら、とても複雑な思いで帰って来たことを思い出しました。
          
 J0179171

And let the peace of God

   rule in your hearts,

     Col.3:15a
 

 キリストの平和が、

     あなたがたの心を

    支配するようにしなさい。

                    コロサイ3:15a

|